不動産再生・管理 | 株式会社パシフィック・アソシエイツ | 公式サイト

不動産総合管理 | 不動産再生・管理 | 株式会社パシフィック・アソシエイツ

Home不動産再生ビジネス

再生への着眼

再生への着眼

時代、社会の流れや変化による、生活者のライフスタイルや価値観の変化、多様化に伴い、不動産の利用目的や、求められるものも変化してきます。

たとえば指摘されて久しい少子高齢化も、家族構成の変化、生活の様式や消費行動の変化に波及し、“暮らし方”や“住み方”の変化や“住”に対するニーズやウォンツの変化として現れてきており、住まいとしての不動産に求められるものも変化してきています。

ライフスタイルや価値観の変化と多様化。それに対応する有機的な手法として当社が早くから着目し、その実績と経験・ノウハウを積み重ねてきたのが「不動産再生ビジネス」です。“現在”を吸収し“近未来”を提示することによって“不動”とされてきたものを活性化、“再生”するという姿勢です。

不動産が持つ価値の“見極め”からはじめます。

不動産が持つ価値の“見極め”からはじめます。

その物件の“本来の価値”はどういったものであるかを的確に見極めることから“再生”がはじまります。ロケーション、建物状況・構造、周辺環境、設備などの条件面を再評価し、建物の外観や内装、設備等のデザイン面やハード面から、入居条件等のソフト面にいたるまでをトータルに見直し、新たに設定し直したターゲットに、より適したカタチにリメイク。

空室が目立ち、家賃も下げざるをえず、収益物件としての価値が下降するばかりの物件も、居住者の満足を創出しながら、オーナーにとっても満足のいく収益物件として蘇らせることができます。

スクラップ&ビルド的な発想ではなく、“再生”という手法によって物件を生かし続けるサステイナブルの発想。その発想自体が、今、社会全般で求められているのかも知れません。

不動産ビジネス

会社概要

開発実績

所有物件一覧

仲介業者向け
空室情報

お問い合わせ

ページトップへ